長年の悩みのクマは美容整形ですぐ解決!簡単に治療できます

キメ顔の外国人女性

クマの原因によって治療方法が違ってくる理由

鏡で顔をチェックする女性

いろいろな原因で生じる目の下のクマは原因によって大きく3種類に分けられ、種類ごとに色も違ってくるのが特徴です。多くの女性はコンシーラーなどの化粧品を使ったりマッサージしたりして目の下のクマを隠す努力をしていますが、うまく隠せないという人も少なくありません。そんな場合には美容のプロが頼りになりますので、美容整形クリニックに相談してみるといいでしょう。一口に目の下のクマと言っても原因がそれぞれ異なるため、原因に合わせた対処をしないと解消できません。紫外線や化粧品の影響による色素沈着が原因で生じた茶色のクマは、塗り薬や飲み薬などを使った薬物療法で改善できる可能性があります。薬で治すのが難しいと診断された人には、コラーゲン再生を促すレーザー治療が効果的です。目の下に青いクマができている場合は血行不良が主な原因ですので、生活習慣を改善しても治らない場合は血行を改善させるための治療が必要になってきます。こうした青クマの治療にはレーザー治療に加え、PRP療法とも呼ばれる血小板療法や血行促進物質の注射などが使われています。目の下に影のように黒ずんだクマができるのは加齢による皮膚のたるみが原因のため、化粧やマッサージで隠すのが特に困難です。美容整形クリニックは厄介な黒クマにも対応可能で、肌の状態に合わせて肌再生成長因子の注入やヒアルロン酸注入といった治療を行っています。